福島発電株式会社

取り組み
contents
  • 再エネ発電事業
  • 普及・啓発・人材育成事業
  • 関連団体との連携した取り組み
  • 事業報告
  • 新たな事業開発への取り組み
  • 福発チャレンジ


再エネ発電事業

福島空港メガソーラー

 空港メガソーラーは、再生可能エネルギー推進に向けた重要プロジェクト(福島県復興計画)として位置付けられ、
「原子力に依存しない、安全・安心で持続的に発展可能な社会づくり」を理念として建設しました。

福島空港体験学習

特徴

  • ・追尾式太陽光発電システム22kW、30 種類のパネルを設置するソーラーパーク、各500kW の北・南発電所から構成
  • ・ソーラーパークは、世界10 の国と地域30 種類の太陽光パネルを設置
  • ・発電所建設資金のうち1 億円を県民参加型ファンドで調達
  • ・発電状況や保守管理等について、産総研福島再生可能エネルギー研究所と連携して評価・研究を実施
  • ・施設内の設備を活用し、太陽光発電施工技術者を養成するための講習を開催
  • ・発電所を活用した、視察・見学者の受け入れ
  • ・児童・生徒を対象に体験学習を実施
所在地 福島県須賀川市/石川郡玉川村
運転開始 2014 年(平成26 年)3 月13日
事業面積 約2ha
発電システム 設備容量 1,194kW
想定年間発電量 1,179MWh(約330世帯分)
空港紹介

大熊町ふるさと再興メガソーラー発電所

福島空港メガソーラーに続く2件目のメガソーラー発電所。大熊町の復興計画にはシンボル事業と位置付けられており、
国の補助事業である「半農半エネモデル等推進事業」を活用し建設しました。

半農半エネモデル等推進事業とは、原子力災害被災地において、住民帰還やふるさとの再建を目的とした
再生可能エネルギー発電設備等の導入を行う者に対して、補助金を交付する事業です。

特徴

  • ・素材等の異なる6種類の防草シートを約1haに敷設し、その効果を長期的に検証
  • ・売電収入の一部を活用し、大熊町が大川原地区に建設する「次世代型植物工場」の運営を支援
  • ・敷地の除草や景観に配慮した環境整備を進めるため、地元企業・団体等と連携
  • ・発電所を活用した、視察・見学者の受け入れ
所在地 福島県双葉郡大熊町
運転開始 2015 年(平成27 年)12 月18日
事業面積 約3.2ha
発電システム 太陽光パネル 260W×7,704枚
設備容量 1,890kW
想定年間発電量 2,200MWh(約600世帯分)

県北メガソーラー発電所

水環境を守る拠点である県北浄化センター内の遊休地を活用して、FIT価格が下がる環境にあっても一定の事業性が
見込めるメガソーラー事業の実証をするために建設されました。
設置、撤去が容易な架台と初期投資額が削減できる分散型のパワーコンディショナを採用しています。

県北メガソーラー

特徴

  • ・農業用コンテナの改良型を架台に利用し、敷地内の舗装部分を有効活用
  • ・停電リスクの軽減、初期投資額が削減できる分散型のパワーコンディショナを採用
  • ・立地する県北浄化センターと連携し、県北地域の環境・エネルギー学習の場として活用
  • ・発電所を活用した、視察・見学の受け入れ
所在地 福島県伊達郡国見町
運転開始 2018 年(平成30 年)3 月29日
事業面積 約2.5ha
発電システム 太陽光パネル 270W×7,160枚
設備容量 1,500kW
想定年間発電量 2,060MWh(約550世帯分)

楢葉町総合グラウンド斜面ソーラー

避難地域における太陽光発電事業の普及推進のシンボルとして、主要道路から見通すことのできる急斜面に建設されました。
急傾斜地の有効活用モデル、太陽光発電の建設・維持に関する実技研修の場として活用しています。

特徴

  • ・太陽光発電事業の広告塔として、広報効果の高い斜面に建設
  • ・35°の傾斜地を利用
  • ・国道6号線、常磐自動車道からの視認性に優れる
所在地 福島県双葉郡楢葉町
運転開始 2014 年(平成26 年)10 月31 日
事業面積 1,200㎡
発電システム 太陽光パネル 250W×192枚
設備容量 40kW
想定年間発電量 45MWh(約12世帯分)
傾斜角度 35度

いわき明星大学斜面ソーラー

再生可能エネルギーの普及が進み、各地で多くの事業が展開している昨今、太陽光発電システムを導入する場所も、
平地や屋根の上だけでなく、斜面地などの設置も必要となってきています。
このようなことから、斜面地でも設置できる技術を開発し、実用化するため、このプロジェクトが実施されました。

斜めに傾いている斜面は地形が複雑であり、地層の強度もさまざまです。これまでの工法では、地層の強さを確認したあと、
コンクリートの基礎などをつくり、架台を設置する必要がありました。
しかしそれでは費用も高く、工事期間も長いことから「くい」の基礎工法を開発して問題の解決を図り、斜面地での
太陽光発電システムを広く普及させるために架台メーカー(奥地建産)が最適技術を検証するために設置されました。

特徴

  • ・平成28 年4 月から管理を受託
  • ・30°の傾斜地を利用
  • ・斜面利活用のモデルとして情報を発信
所在地 福島県いわき市
運転開始 2014 年(平成26 年)6 月17日
事業面積 673㎡
発電システム 太陽光パネル 195W×252枚
設備容量 50kW
想定年間発電量 45MWh(約12世帯分)
傾斜角度 30度

ならはフロートソーラー

水面の高度利用を実証するために、ため池の上に建設されました。同規模の地上設置型の太陽光発電所と比較して、
発電効率やメンテナンスのあり方、事業の可能性等を評価・検証していきます。

ならはフロートソーラー

特徴

  • ・売電収入の一部を活用して、発電所が立地する行政区の行事等へ協力
  • ・隣接する太陽光パネル製造工場と連携し、発電事業関係者・子ども達への普及啓発拠点として活用
  • ・発電所を活用した、視察・見学者の受け入れ
所在地 福島県双葉郡楢葉町
運転開始 2018年(平成30 年)6 月28 日
事業面積 605㎡
発電システム 太陽光パネル 280W×218枚
設備容量 49.5kW
想定年間発電量 67MWh(約18世帯分)